• おのちゃん

石とワイン二番通り酒店との出会い




人として歩んで行く上でターニングポイントとなる出来事に度々遭遇するのが常だと思っているが、自分にとってその一つがナチュールワイン🍷との出会いだなと今も思う。

その時、出会ったワインが北海道にある二番通り酒店の扱うナチュールワインでした。


鎌倉のとあるワインバーで注がれた一杯のワインが自分にとってのナチュールワインとの初めての出会いだったのは間違いない。


今までのワインの概念が大きく180°変わった‥控えめに言って月が西から登るくらいの。





ナチュールワインをかんたんに説明すると、今までの流通して来た一般的なワインよりもナチュールはより天候や土の状態や微生物に左右され易い飲み物だと思う。

どれだけ作り手がブドウと今置かれている自然環境に真摯に向き合ったかがワインの味わいと個性に出てきてしまう。そしてその答えがわかるのが短くて一年多くは数年を要する。


そんなワインの作り手たちと少なくとも年に一度は現地に赴きワインを飲みながら話しをして一本一本大事に選び抜いたナチュールワインを届けてくれるのが二番通り酒店の2人なのだ。お店に小さく掲げられたポリシーから二番2人の人柄と真剣さを読み取れると思う‥





二番通り酒店

私たちはフランスのワインを輸入・販売しています。

小さな酒屋ですが、生産者に直接会って話をして。

畑を見て、蔵を見てワインを飲んで、私たちが感動した

ワインを直接、生産者から買い付けます。

商品数は多くはありませんが、どのワインも

私たちにとって 大切な 大切な、子供のようなワインたちです。





*脚注

鎌倉のワインバー 祖餐/そさん

閲覧数:56回0件のコメント